忍者ブログ
愛車LANZAとの付き合いは20年目を迎えた。COSは新たなる覚醒を得られるのか!?
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チャンバーのカーボンを取ろうと思ったら中から・・・

一晩漬け置きしておいたサイレンサーの中の水を抜いてみると...
真っ黒な水がブシャー!!!

拍手

流水で水が透明になるまですすぐ作業。
19年分のカーボンは完璧とまではいかないが、ある程度取れたと思われる。
 

真っ黒だったチャンバーとの接続口も、ある程度キレイになった。


さすがサンエスK1、カーボンに対する効果は抜群だったのでチャンバーも清掃することにした。
まずは流水で洗う作業。
水が隅々まで行き渡る様、振り回していると中からガラガラと音が@@?
ひょっとして石ころが入ってる?


出てきたのは...ナニコレ(;´・ω・)?


これは...


ワ...イピー...ブイエス....


YPVSが折れてるぅうううう!!!ヽ(ヽ・∀・)



いつ折れたんだ?

!!!!!

去年の夏のツーリングで、チャンバーから突然カラカラ音がし始めたことがあったがあれだったのかも...
今まで放置されててチャンバーの中でかき回されて変形してしまったらしいw
ピストン側には落ちない構造だから助かった...

ピストンは視認、触診から察するに問題無さげ。
あれから何度もツーリングに行ったが、パワーダウンを感じるくらいで特に違和感は無かった。
早めに気づいて良かった(遅過ぎ)

 
以前焼きついたエンジンをバラして取っておいたスペアパーツにYPVSもあったはず。


貧乏性もたまには役に立つもんだw


改めて比較してみる。
チャンバー内でかき回されたパーツは結構なダメージを負っているのが分かる。


ちゃちゃっと組んで、エンジンに装着しておいた。
めでたしめでたし(?)


チャンバーにはサンエスK1のお湯を注いで密閉して放置。
性能が戻ることに期待。
PR
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31